2013年12月12日

欠損金がある場合の確定申告

私は、今サラリーマンですが、確定申告は個人で行っています。その理由は、3年前の東日本大震災で被災し、工場が全壊し廃業した時に、欠損金を申告したからです。

つまり、欠損金と所得税を相殺することで、所得税分を還付してもらうことが、個人で確定申告する目的です。


私は、インターネット上で確定申告の書類作成ができることを知っていましたが、具体的にどうすれば良いか分からなかったので、最寄の税務署に電話をしました。

「インターネットで確定申告したいので、教えてください」というと、担当者が丁寧に画面を見ながら説明してくれました。
私の場合、欠損金の処理があったので、担当者の方も少し迷っていましたが、10分もかからず作成できました。
作成した後は、確定申告書を家のプリンタでカラー印刷しました。
そして、確定申告書、源泉徴収票、生命保険料控除証明書を税務署から届いた確定申告書提出用の封筒に入れて、ポストに投函して、私の確定申告は完了しました。

後日、税務署から所得税の還付が認められたという通知書が届きました。
通帳を確認すると、確かに税務署から所得税分が振り込まれていることが確認できました。

posted by ユウガタ at 18:22| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。